レーシック経験者がレーシックは実際どうなのかまとめたサイト!

【レーシック体験談2】錦糸眼科でレーシックした話

 

錦糸眼科の札幌院で2011年4月にレーシックした方から体験談をいただきました。錦糸眼科は一時期とても有名なクリニックでしたが、残念ながら閉院してしまったようです。ここでは、「私が錦糸眼科を見つけたポイントを参考に、良い病院を見つけて頂ければ」という体験者様の趣旨を汲んで読んでいただければと思います。

 

 

メガネをかけている人、コンタクトレンズをしている人は、おそらくほぼ100%「目が良くなりたい!」と思っていると思います。なぜなら、メガネやコンタクトはとにかく面倒な事が多いのです!

 

例えばメガネであれば、汗をかけば下がってくるし、温泉やプールでは見えないし、スポーツにはそれ専用の物が無いと怖いですよね。コンタクトであれば手入れはもちろんの事、風が強い日やメイクをしている時にはゴミが入って痛い思いをする事も多いです。ちょっとしたうたた寝が出来なかったり、急なお泊りに対応できないという事もあります。(最近は一泊用のセットがコンビニでも売られ始めているようですが)

 

 

実際、私もそうでした。特に仕事を始めてからは、外と工場とお店の中を行き来する事が多くなり、メガネでは汗をかいた時に困るし、コンタクトではしょっちゅうゴミが入って困っていました。何より勤務時間が長かったため、コンタクトでは目に非常に負担がかかっており、帰る頃には目が真っ赤・・・という事もあったのです。

 

もちろんレーシック自体はなんとなくニュース等で知っていました。目が良くなったらどんなに楽か、確かにそれは魅力的だったのですが、お金も安全性も気になっており中々施術まで踏み切るほどのきっかけは無かったのです。

 

そんな私がレーシックに踏み切ってから、今では非常に快適な生活を送るまでに至ったお話をご紹介したいと思います。

 

レーシックを決意したきっかけと来院までの準備

 

さてそんな時、イトコが結婚式をあげる事になりました。結婚式ではやはりそれなりにメイクも手をかけたいですし、メガネでは参加したくありません。ちょうどその頃、就職して2年経っていたため、金銭的にも少し余裕が出ていました。この結婚式をきっかけに、レーシックを受けてみようかな、という気持ちになったのです。2011年の事でした。

 

そうなると、まずはひたすらインターネットで情報収集を行いました。当時レーシック自体の知名度は徐々に上がっていましたが、まだまだその詳細やリスクについては知らない事が多かったからです。

 

更に各病院のHPを見比べ、その中で一番信頼のおける病院を選ぶ事にしました。札幌市内では当時、品川近視クリニックと錦糸眼科、そして他にも1〜2件の病院で施術していたように記憶しています。

 

まず候補から除外したのは、「一日で検査から手術まで完了する」とうたっている病院、「レーシックのリスクについて説明していない」病院、そして「レーシックのコースが一つしかない」病院です。

 

まだまだ新しい技術であるはずなのに検査から手術まで1日で完了してしまうような、スピードや効率重視の病院は信頼できませんし、同様にリスクやデメリットについて説明していない病院も信頼できなかったからです。コースについては、人それぞれの目の状態によってコースが選べた方が、より自分の目に合った施術が受けられると思ったからです。

 

 

その結果、錦糸眼科を選びました。ここの系列の先生にはレーシックについての書籍を執筆した方もいらっしゃいましたし、一番信頼できると思ったからです。その後、検査日時を予約しました。検査前には特段注意する事は無かったように記憶しています。

 

検査内容と施術内容

 

検査は普通の眼科検診にプラスαしたようなもので、特に辛い事や面倒な事はありませんでした。その後先生とのカウンセリングがあり、そこでもリスクやデメリット、万が一の後遺症などについて説明されました。

 

特に女性の場合は、目の機能的な部分での注意もそうですが、「メイクが一週間程出来ないけど仕事は大丈夫ですか?」という事も聞いてくれて、すごく気遣いのある印象がありました。というより、病院全体が温かい雰囲気で、受付の方や看護師さんの方の対応もとても良かったです。

 

施術は約1週間後でした。施術当日は8人ほどが集まっており、その8人が一度に施術を受ける、という感じでした。また施術前にも最後の検査がありました。実は私は、その最後の検査で一度引っ掛かってしまいました。というのも、自律神経が乱れやすく、それによって視力が不安定であるという問題がわかったのです。(つまり事前検査と当日検査で大きく視力の差が出てしまったのです)

 

先生からは、@更にもう1週間置いて検査をし、正常時の視力をより正確に出してから施術する A今の視力のままで、通常より少し控えめに施術する の2つの方法を提案されました。先生と相談し、結局私はAの方法を選びました。なぜなら、私の場合疲れ具合によっては正常時よりも視力が良い状態になる可能性があり、そうなると@で施術した場合視力が良すぎる状態になってしまう可能性があったからです。

 

さて、最後の検査が終わったら、手術が始まります。手術は2段階に分けられていました。まず目薬で麻酔をかけた後、第一段階で角膜に切り込みを入れ、フタのような状態にします。施術時はベッドに寝た状態で目を固定されます。イメージは、レンズのないキツめの水中メガネを片方だけかける感じです。目の周りをリングでグっと押されます。もちろん痛みはありません。

 

一番辛かったのは、目の前まで機械が迫ってくる事です。(レーザーなので直接機械が目に触れる訳ではありません)痛みは無いという事はわかっていても、やはり目の前で機械が動くと反射的に眼球が別の方向を向いてしまうのです。

 

それを避けるために、術中は赤いレーザーの光を目で見ていてくださいと言われます。実際それでも少しは動いてしまっていたのかもしれませんが、施術に影響のある程ではなかったようです。(レーザーも眼球を追えるようになっているため)

 

角膜を切った後は、8人全員が終わるまで一度待機します。特に違和感や痛みは無く、少し目が乾燥しているように感じただけでした。その後、また同じようにベッドに寝た状態で目を固定され、今度はフタ状になっている角膜を開けて、レーザーを照射して角膜を削ります。この時は視界がぼやけてしまうので、先程のような恐怖感はありませんでした。

 

術後は保護メガネをかけた状態で、一度休憩に入ります。保護メガネを外さなければ外出もOKでした。保護メガネには色もついているため景色はそれ程キレイに見えませんでしたが、メガネやコンタクトが無くてもハッキリ見えているのはわかりました。ですが保護メガネをしているため、普段メガネをかけている状態とそれ程変わらないように感じてしまい、まだそれ程の感動は無かったように思います。

 

休憩後最後の検診を行い、無事帰宅となりました。

 

術後の生活の注意点と後遺症

 

術後の注意点は「就寝時は目を保護するカバーをつける」「目をこすらない」「化粧はしない」「目に水や石鹸が入らないようにする」というようにいくつかありました。そして術後の検診は、2週間後、1カ月後、3カ月後・・・というように細かく何回も設定されていました。(これが錦糸眼科を選んだ理由の一つでもありました)

 

そして、手術の翌日、一瞬だけ保護メガネを外して昼間の景色を見ました。

 

・・・感動して、涙が出そうでした。コンタクトやメガネを通して見ていた景色は、やはりどこか歪みやフィルターがかけられていたのかもしれません。木の葉っぱが一枚一枚見える様子、青い空に鳥が飛んでいる様子、遠くの道路標識が見える様子・・・全てが、20年ぶりに見た景色で、とても美しかったのです。

 

術後の生活は、絶対に目に触らないように、とかなり気を使いながら過ごしたのが大変でしたが、特に痛みや違和感はありませんでした。ただ一つ気をつけなければいけなかったのは、急に視力が良くなったため、近くの作業をする際には病院からプレゼントされた老眼鏡をつけないと目がとても疲れてしまうという事でした。(ちなみに、それまで使っていた近視用のメガネは病院に寄付できました。途上国の方々へ寄付するそうです。そんな所も好印象でした)今では老眼鏡が無くてもそれ程疲れませんが、視力が落ちるのが心配で、長時間の作業の時には老眼鏡をかけています。

 

心配していた後遺症ですが、いわゆる「ハロ」「グレア」と言った現象は少し起きています。夜の街灯の光などが、リングがかかったようにぼんやりするのです。ですが運転や夜景を見るのに支障をきたす程ではありません。目の調子が良い時は「ハロ」「グレア」が起こらない事もあります。何より、普段の生活の便利さを考えたら、これぐらいは全然気にならないのです。

 

レーシックを受けようと考えている方へ

 

私は結局、視力0.03(+乱視)から、現在は1.2をキープするまでになりました。免許証の「眼鏡等」の条件も無くなりました。メガネもコンタクトも無いというのは非常に快適です。目が悪い事で色々苦労してきた方は、施術してみれば「こんなにも簡単で、こんな快適な生活が入るんだ」と驚くかもしれません。

 

 

でも、一つ忘れないでほしい事があります。レーシックは近年確立された手術で、まだまだ発展途上です。レーシックを受けて60年後・70年後どうなるかはまだ誰にもわかりません。中には望まない結果になる事もあるかもしれません。そのリスク全てを受け入れた上で、ぜひこの快適な生活を取り戻してほしいと思います。

 

補足

 

私が施術した錦糸眼科札幌院は閉院となってしまいました。皆様には、私が錦糸眼科を見つけたポイントを参考に、良い病院を見つけて頂ければと思います。

 

様々なトラブルがあったとのうわさもありますが、私にとっては素晴らしい病院でした。本当にありがとうございましたとお伝えしたいです。




レーシック
品川近視クリニックの概要
症例数が世界一の大手クリニック。当サイト管理人がレーシックしたのも品川近視クリニックです。
品川近視クリニックを選ぶメリット
患者数が多いため、比較的安めの価格設定が可能になっています。品質と価格の両方を重視する方に向いています。

品川近視クリニックの公式サイトへ進む≫


新宿近視クリニック(リレックススマイル)
新宿近視クリニックの概要
症例数の多い眼科専門医が多数在籍しているクリニック。東京近郊にお住まいの方はチェックしておくといいです。
新宿近視クリニックを選ぶメリット
フラップを作らない「リレックススマイル」を選べるのが最大のメリット。安全性を重視する方に向いています。

新宿近視クリニックの公式サイトへ進む≫


適応検査
神戸神奈川アイクリニックの概要
全国6都道府県に拠点のある大手クリニック。厚生労働省認可のレーザー機器を使用していて安心です。
神戸神奈川アイクリニックを選ぶメリット
上位メニューに付属している「プレミアムアフターケア」なら15年の長期保証が受けられるのがメリットです。

神戸神奈川アイクリニックの公式サイトへ進む≫


【レーシック体験談2】錦糸眼科でレーシックした経験者にお話をうかがいました関連ページ

レーシック体験談1
レーシック体験談3
レーシック体験談4
レーシック体験談5
レーシック体験談6