レーシック経験者がレーシックは実際どうなのかまとめたサイト!

「スタンダードZレーシック」の評価・分析

名称

スタンダードZレーシック

使用機器

フラップ作成

屈折矯正

フェムトLDV

フェムトLDV

  • 照射エネルギーが従来のイントラレースの約7分の1になったため、切断面が滑らかな、精度の高いフラップ作成が可能となった
  • 照射エネルギーが小さいため、角膜に与える負担を最小限に抑えることが可能となった
エキシマレーザー(コンディションメーター付設)

 

エキシマレーザー(コンディションメーター付設)

 

  • 「アマリス」が登場する以前に普及していた屈折矯正用の機器
  • 実績が多く、安全性については証明済み
  • 施術中の眼球運動を2次元でしか管理できない点はデメリット
  • 照射エネルギーが「アマリス」より大きい点はデメリット

費用

20.4万円(両眼・税込)

保障期間

8年保障

 

 

>>公式サイトを確認する<<

 

 

総合評価 : 80点

 

見え方 : 16点 / 全20点

 

屈折矯正に、多くの大手クリニックが採用している「エキシマレーザー」を使用します。

 

実績が豊富で、多くの人が視力回復に成功していますので、安心して大丈夫です。

 

ちなみに・・・

 

「アマリス」と何が違うかというと、、、

 

アマリスは、高次収差と呼ばれる角膜のわずかな
ひずみを、ほとんど増やさずにレーシックできます。

 

そのため、アマリス系の施術メニューでは、
見え方がより鮮明になるメリットがあります。

 

人気 : 16点 / 全20点

 

価格設定にお手頃感がありますし、
とても人気のある施術メニューです。

 

カウンセリングを受けると、より品質の高い
アマリス系をすすめられると思いますが、、、

 

予算的に無理なら、予算が足りないと正直に話して
スタンダードZレーシックを選ばせてもらいましょう。

 

実績豊富で、安全にレーシックできます。

 

逆に・・・

 

当サイトでは、これより安いメニューは
品質の面でおすすめしません。

 

痛み軽減 : 12点 / 全20点

 

フラップ作成には、アマリス系でも採用している
フェムトLDVを使用しますので、目に与える
ダメージが最小限に抑えられます。

 

屈折矯正には、従来のエキシマレーザーが
使用されますので、アマリス系と比較すると
術後の違和感がやや強いかもしれません。

 

と言っても・・・

 

痛み止めの目薬などもありますし、
がまんできるレベルなので大丈夫です。

 

保証期間 : 16点 / 全20点

 

保証期間は標準で「8年」の
保証となっています。

 

アマリス系と比較すると2年短いですが、
これは、アマリス系の品質の高さをアピール
するために差をつけているだけです。

 

無料会員登録で、保証期間を無制限に
できるサービスもありますので、
必要に応じて利用してください。

 

価格 : 20点 / 全20点

 

この品質でこのお値段であれば、
費用対効果は高いと思います。

 

どうしても予算が足りない場合は、
選択肢に入れていいと思います。

 

ちなみに・・・

 

レーシックは保険がききますので、
5〜10万円程度の給付金をもらえる
可能性があります。

 

また、品川近視クリニックでは、分割払いが
利用できますので、予算が足りない思う方は
いろいろ検討してみることをオススメします。

 

 

 

スタンダードZレーシック関連ページ

アマリス750Zレーシック