レーシック経験者がレーシックは実際どうなのかまとめたサイト!

品川近視クリニックでレーシックを受けました!

 

(レーシック前後の視力検査結果)

 

 

レーシックする前の平成20年7月29日の検査結果は、
コンタクトレンズをしたまま検査したものです。

 

そのため、両目とも視力1.5ではありますが、
「矯正視力」の参考値と考えてください。

 

 

(レーシック前に使ってたコンタクトレンズ)

 

 

ちなみに、上の写真は、当時の私が使っていた
使い捨てコンタクトレンズです。

 

パッケージに「D −6.00」の表記がありますが、
これはコンタクトレンズの度数を表していて、、、

 

 

裸眼視力=0.4÷度数=0.4÷6=0.067

 

 

つまり、レーシック前の私の裸眼視力は
0.1以下だったということになります。

 

 

一方で・・・

 

 

レーシックした後の平成21年9月3日の検査結果は、
もちろん「裸眼」で検査して、、、

 

右目:1.5
左目:1.0

 

↑↑↑

 

レーシック手術を受けたおかげで、
裸眼でもしっかり見えるようになっています。

 

 

ちなみに、私がレーシック手術を受けたのは
平成20年10月11日(適応検査)〜12日(手術)です。

 

 

(品川近視クリニックの診察券)

 

 

私自身がレーシックしてから、
すでに5年以上が経過していますが、、、

 

いまでも裸眼でよく見える快適な生活を送っていますし、
レーシックして本当によかったと思っています。

 

 

もしレーシックに興味があるなら、
あなたも思い切ってレーシックしてみませんか?

 

適応検査の申し込みはこちら≫

 

 

 

ところで・・・

 

 

 

 

 

私がレーシックした当時の品川近視クリニックには、
現在の「アマリス」はまだ導入されていませんでした。

 

 

もし私が今からレーシックするのであれば、
最高メニュー「アマリス750Zレーシック」を
選ぶと思うのですが、、、

アマリス750Zレーシックはこちら≫

 

当時はアマリスが導入されていなかったので、
その当時の最高メニューだった

 

「品川エディションスーパーイントラレーシック」

 

という施術メニューを選びました。

 

 

(手術前に署名捺印した説明承諾書)

 

 

「品川エディションスーパーイントラレーシック」が
どのような施術メニューかといえば、、、

 

 

フラップ作成・・・「品川エディションイントラレース」(イントラレース社)
屈折矯正・・・「品川エディションエキシマレーザー」(ウェーブライト社)

 

 

↑↑↑

 

当時としては超高性能な施術機器を使用していて、、、

 

ちょうどこの頃から、レーシックがコンピューターによって
半自動化されてきました。

 

 

現在の施術メニューで言えば、、、

 

「品川イントラレーシックアドバンス」という施術メニューと
近い技術レベルだと考えていいと思います。

 

品川イントラレーシックアドバンスはこちら≫

 

 

(品川近視クリニックでもらった概要説明書)

 

 

ひとつ言えることは・・・

 

 

私が当時選んだ「品川エディションスーパーイントラレーシック」でも
大満足の結果を手に入れることができたので、、、

 

現在の「アマリスZレーシック」であれば、
品質面でも、安全面でも、
ほぼ間違いなく満足できるはずだということです。

 

 

不安な気持ちになるとは思いますが、、、

 

私自身も大丈夫でしたし、
ぜひ思い切って挑戦していただきたいです。

 

適応検査の申し込みはこちら≫

 

 

 

ところで・・・

 

 

 

 

 

当サイトでは、品川近視クリニックを
基本的にはおすすめしているわけですが、、、

 

その理由は、単純に私自身が
品川近視クリニックでレーシックしたからです。

 

 

しかし・・・

 

 

だからと言って、品川近視クリニックでないと
ダメだということではありません。

 

 

レーシックできるクリニックは他にもあるので、、、

 

それぞれの公式サイトをしっかりチェックして、
自分に合ったクリニックを自分の判断で選ぶことが
大切だと思います。

 

 

品川近視
クリニック


湯川聡医師

神戸神奈川
アイクリニック


北澤世志博医師

新宿近視
クリニック


安田佳守臣医師

施術メニュー

アマリス750Zレーシック(29.7万円)
クリスタルZレーシック(23.2万円)
スタンダードZレーシック(20.4万円)
品川イントラレーシックアドバンス(14.7万円)
スタンダードイントラレーシック(8.6万円)
スタンダードレーシック(7万円)

・プレミアムアイデザインレーシック(40万円)
・プレミアムアイレーシック(37万円)
・プレミアムアイレーシック3年保証プラン(30万円)
・iFSイントラレーシック(25万円)
・スタンダードレーシック(15万円)

リレックススマイル(32.9万円)
・アイデザインレーシック(32.2万円)
・カスタムトポフィットイントラレーシック(26.8万円)
・iFSイントラレーシックオプティマイズ(23.7万円)
・iFSイントラレーシック(19.9万円)
・SBKレーシック(7.7万円)

保障期間

上位メニューは10年保障

上位メニューは10年保障

プレミアムアフターケアを利用すれば最長10年保障

地域

・札幌院
・東京院
・名古屋院
・大阪院
・福岡院

・札幌院
・東京院
・名古屋院
・大阪院
・神戸院
・福岡院

・東京

交通費補助

上限1万円 上限1万円 上限1万円

託児所

補助金あり 補助金あり なし

コンタクト
下取り

なし 条件付きで
1箱1,000円
条件付きで
1箱1,000円

詳細

当サイト管理人がレーシックしたクリニック。技術力、実績、アフターケアなど、信頼性の高さでおすすめ。

NASA公認のアイレーシックを選ぶならココ。全国に拠点数も多いので、地方の方でも利用しやすい。

今話題の次世代レーシック「リレックススマイル」ならココ。フラップを作らない方法で、安全・安心。

 

 

ここでご紹介しているクリニックであれば、、、

 

レーシック業界の大手クリニックばかりですし、
実績豊富で安心だと思います。

 

 

ただし・・・

 

 

当サイト管理人自身は、品川近視クリニックで
レーシックしましたので、、、

 

他のクリニックのサービス内容等については
熟知しているわけではありません。

 

 

 

当サイトの推奨としては、、、

 

私自身が実際にレーシック手術を受けて満足できたという理由で、
品川近視クリニックをおすすめしておきます。

 

 

 

 

参考までに、適応検査に申し込む
方法をご説明しておきます。

 

WEBで簡単に申し込めますので、
さっそく申し込んでみてください!

 

↓↓↓

 

申し込みフォーム

 

 

 

適応検査の申し込みはこちら≫



レーシック
品川近視クリニックの概要
症例数が世界一の大手クリニック。当サイト管理人がレーシックしたのも品川近視クリニックです。
品川近視クリニックを選ぶメリット
患者数が多いため、比較的安めの価格設定が可能になっています。品質と価格の両方を重視する方に向いています。

品川近視クリニックの公式サイトへ進む≫


新宿近視クリニック(リレックススマイル)
新宿近視クリニックの概要
症例数の多い眼科専門医が多数在籍しているクリニック。東京近郊にお住まいの方はチェックしておくといいです。
新宿近視クリニックを選ぶメリット
フラップを作らない「リレックススマイル」を選べるのが最大のメリット。安全性を重視する方に向いています。

新宿近視クリニックの公式サイトへ進む≫


適応検査
神戸神奈川アイクリニックの概要
全国6都道府県に拠点のある大手クリニック。厚生労働省認可のレーザー機器を使用していて安心です。
神戸神奈川アイクリニックを選ぶメリット
上位メニューに付属している「プレミアムアフターケア」なら15年の長期保証が受けられるのがメリットです。

神戸神奈川アイクリニックの公式サイトへ進む≫