レーシック経験者がレーシックは実際どうなのかまとめたサイト!

【レーシックの基礎知識】レーシックとは?

 

レーシック(LASIK)は、目の「角膜」をレーザーで削って、近視を治療する手術です。理屈を理解するためには「目の仕組み」を知っておく必要があるので、以下に簡単にまとめておきます。

 

 

目の仕組み

目の断面図

 

目には、角膜水晶体という2枚のレンズがあります。目に入ってきた光は、角膜と水晶体で屈折されながら通過し、網膜に映しだされて、映像が脳に視覚として伝わります。

 

ちなみに、「近視」という状態は、2枚のレンズの屈折率が大きすぎて、網膜よりずっと手前でピントが合ってしまう状態のことです。

 

  • 「角膜」・・・光が最初に通過するレンズ、光を大きく屈折させる
  • 「水晶体」・・・厚みを変えることができ、光の屈折率を微調整できる
  • 「網膜」・・・映像を映し出すスクリーンで、ここから脳に視覚情報が伝わる

 

 

レーシックの手術では、1枚目のレンズ「角膜」をレーザーで削って、屈折率を下げます。すると、目に入ってくる光が、以前よりも直進しやすくなり、強制的に網膜の位置にピントが合いやすい状態になります。

 

 

言葉で説明されても分かりにくいと思いますので、図解でご説明します。

 

 

レーシック手術前

近視の状態)

レーシック手術後

正視の状態)

レーシック手術前の近視の状態

レーシック手術後の正常に見える状態

目に入ってきた光は、「網膜」に到達した時点で「視覚情報」として脳に認識されます。

 

しかし、「近視」の状態では、「角膜」と「水晶体」で光が大きく屈折されすぎて、「網膜」よりも前で焦点が合ってしまいます。

 

網膜にピントが合っていないため、脳に伝わる視覚情報もぼやけてしまっています。

レーシック手術で「角膜」の表面を削り、光の屈折率を下げた状態です。

 

目に入ってきた光が、大きく屈折されなくなり、きちんと「網膜」の位置で焦点を結ぶようになりました。

 

網膜にピントが合っているため、脳に伝わる視覚情報がクッキリ鮮明になります。



レーシック
品川近視クリニックの概要
症例数が世界一の大手クリニック。当サイト管理人がレーシックしたのも品川近視クリニックです。
品川近視クリニックを選ぶメリット
患者数が多いため、比較的安めの価格設定が可能になっています。品質と価格の両方を重視する方に向いています。

品川近視クリニックの公式サイトへ進む≫


新宿近視クリニック(リレックススマイル)
新宿近視クリニックの概要
症例数の多い眼科専門医が多数在籍しているクリニック。東京近郊にお住まいの方はチェックしておくといいです。
新宿近視クリニックを選ぶメリット
フラップを作らない「リレックススマイル」を選べるのが最大のメリット。安全性を重視する方に向いています。

新宿近視クリニックの公式サイトへ進む≫


適応検査
神戸神奈川アイクリニックの概要
全国6都道府県に拠点のある大手クリニック。厚生労働省認可のレーザー機器を使用していて安心です。
神戸神奈川アイクリニックを選ぶメリット
上位メニューに付属している「プレミアムアフターケア」なら15年の長期保証が受けられるのがメリットです。

神戸神奈川アイクリニックの公式サイトへ進む≫